募集中

まちのインキュベーション#2

ゼミ|これからの、家と庭

2020年5月16日~9月19日
ゼミ|これからの、家と庭

「住む」を越えて、家の可能性が広がりつつあります。
例えば、小商いの場として、仕事と家庭が混じり合う暮らしをつくる。コミュニティの拠点として、人口が減りゆくまちの防災や福祉を支える。建ぺい率の低い郊外には、庭というフィールドもあります。プライベートである家や庭を、パブリックにどう活かしていけるか。
空き家問題や緑地のあり方が問われる中、旧来の常識にとらわれない、新しい構想を考える時期が来ています。
まちのインキュベーション#2では、これからの家と庭が地域に活きる姿を描き、実現に向かって歩み始めるメンバーを募集します。これからのまちを考える事業を、一緒につくりましょう。

ゼミ
自分ごと・自分たちごとで暮らしを豊かにする事業の創出を目指すゼミ。小さな経済圏を育てていくための最初の一歩を踏み出す実践プログラムです。チームを作り、まちのリソースを活かしながら、事業の設計からトライアルまでを行います。

対象

・地域に開かれた家づくり、庭づくりをしようとしている人
・オーナー、将来の空き家所有予定者
・防災、教育、福祉など、空き家の利活用に興味がある人
・テクノロジーやクリエイティブを活かした事業に興味がある人

お申し込みにあたって

お申し込みフォーム「お申込み内容」の欄に、以下3つの問に対する回答を必ずご記入ください。

問1 以下のどちらに該当しますか
A:自分のアイデアを形にしたい
B:誰かのアイデアをチームの一員としてサポートしたい

問2 プログラムの参加動機(ご自身の背景、課題意識、アイデアなど)

問3 自己紹介(これまでやってきたことなど)

概要

期間
5月16日(土)ー 9月19日(土)
場所
KO-TO(東小金井事業創造センター)
定員
20名
※お子様連れでの参加も可能です(託児なし)
参加費
無料
※懇親会や実践における実費分をご負担いただきます
申込締切
1次締切:2020年4月26日(日)
2次締切:2020年5月10日(日)
※1次締切で定員に達した場合は申込受付を締め切らせていただきます。
※本ゼミは、産業競争力強化法に基づく一定の要件を備えた特定創業支援事業です。この事業を受けた方が創業を希望する場合、株式会社設立時の登録免許税減額や、補助金の申請要件を満たすなど様々なメリットがあります。
オリエンテーション
5月16日(土)13:00-18:00
事業アイデアを持ち寄り、チームを編成します。さらに、今後の実践までを視野に入れたスケジュール設計を行います。
プランニング
7月11日(土)13:00-18:00
約2ヶ月間を通じて設計したプランを完成させます。実践に向けた細部の検討を進めます。
トライアル
9月上旬
チームごとに「これからの、家と庭」を育む事業プランのトライアル実践を行います。
クロージング
9月26日(土)13:00-18:00
約4ヶ月間の振り返りを行います。実践で得た学びをシェアし、それぞれのネクストステップを描きます。

プログラム監修 広石拓司 株式会社エンパブリック代表取締役

ファシリテーター 熊井晃史 NPO法人東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー