HEREとは

HEREとは

高度成長期にベッドタウンとして形成された東京・多摩。
都心の労働力を確保するため、宅地開発が進み、
地方から多くの人が東京の郊外に移り住んできました。

時代は移り変わり、昭和から平成、そして令和へ。
社会環境の変化と共に、住むという単一機能しか持たなかった郊外は、
持続可能なまちへと進化するべく、そのあり方が問われています。

たとえば、郊外には豊かな緑があります。
住まいの近くに農地があり、新鮮な野菜がすぐ手に入ります。
子どもから高齢者までが楽しめるテニスコートやサッカーができる公園があり、
大学をはじめ教育機関や研究施設も数多くあります。
そして、都心で働くプロフェッショナル人材の宝庫でもあります。

“HERE”は、都会でも田舎でもない「ちょうどいい郊外」において、
地域の素材を活かしながら、次世代につづくアイデアを育て、
事業を創出するためのプラットフォームです。

郊外まちづくりインキュベーション

株式会社タウンキッチン

シェアオフィス・キッチンなどの創業支援施設やウェブメディアの企画運営、不動産事業を通し、多摩地域において創業支援を通じた地域活性に取り組む。

株式会社JR中央ラインモール

JR中央線の沿線価値向上を目指し、三鷹~立川間において「緑×人×街つながる」をコンセプトとした「中央ラインモールプロジェクト」を推進。

多摩信用金庫

地域密着型の金融機関として、地方公共団体や大学・支援機関・団体との連携のもと、セミナーや施設運営で多摩地域での創業を増やすまちづくりを行う。